尿道や陰部に痛みのある方へおすすめの2種類の穴あきサドル

ロードバイクに乗るうえで、尿道や陰部の痛みとの戦いは人によっては永遠の課題です。

わたしもサドルの種類によっては痛みが出てしまいます。

こればかりはどれだけ経験を重ねても自分との相性がありますね。

尿道や陰部の痛みを軽減するのに穴あきサドルという選択が有効です。

今回はわたしのおすすめの穴あきサドルの種類をご紹介します。

穴あきサドルはセライタリアがおすすめ

セライタリアはロードバイクのサドルを作っているメーカーとして定評があります。

エントリーグレードからハイグレードなものまでさまざまです。

今回はセライタリアにしぼってご紹介します。

面で支える谷型穴あきサドル、SMPサドル

尿道や陰部に痛みのある方へおすすめの2種類の穴あきサドル-00
SMPサドルは谷型の穴あきサドルです。

谷型サドルはポジションが固定されるものです。

ゆえにポジションがしっかり決まればさまざまな痛みから解放されます。

そのうえ穴あきサドルなので尿道や陰部の痛みの痛みも改善が期待できます。

“ポジションさえ正しく決まれば”、まさしく最強のサドルと言えるでしょう。

SMPサドルの場合はこのポジションを決めるのが難易度が高いんですけどね。

SMPサドルにも細かく種類がありますが、基本的にはパッドの厚さの違いです。

おすすめとしてはパッドはなるべく薄いものが良いです。

お尻の痛みはパッドで改善するものではなくポジションで改善するものなのです。

適切なポジションはパッドが薄い方が出しやすいんです。

ポジション自由なフラット型穴あきサドル、SLRサドル

尿道や陰部に痛みのある方へおすすめの2種類の穴あきサドル-01
SLRサドルはフラット型の穴あきサドルです。

フラット型のいいところはポジションを固定しないところです。

場合によって身体を寝かせたり起こしたり。

わたしは登りが多く、結構な頻度でポジションを変えます。

なのでわたしはこちらのほうが好きでした。

SMPサドルのようにポジションを出すのがむずかしいということもありません。

気軽に扱えるので、尿道や陰部に痛みがあるのでちょっと変えてみようかな、と思ったならおすすめサドルです。

尿道や陰部の痛みを軽減させると別の場所に痛みが出る可能性あり

なぜなら、穴あきサドルを使って尿道や陰部に体重がかからなくなったぶんが別の場所に体重がかかるからです。

わたしの場合は、お尻の中でも出っ張りのある坐骨に痛みが出ました。

サドル交換で痛みを軽減させようとするとなかなか改善できない原因はこれです。

サドル交換での痛み改善は過度な期待は禁物です。

どんなサドルも3ヶ月は使ってみることです。

サドル沼にはまらないよう注意しましょう。

おわりに

わたしも尿道や陰部、お尻のいたみにはかなり悩まされました。

それはもうロードバイクを続けることができないのではないか、というぐらいに。

そんなわたしでも今では3〜4時間走っていても全く痛みがありません。

ぜひ自分にあったサドルを探してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA