ロードバイクのグレード別 8個のおすすめアルミホイール

ロードバイクの交換パーツでもっとも効果の高いものはホイールです。

その中でも、コストパフォーマンスで優れているのがアルミホイールです。

さまざまなメーカーからたくさんのホイールが発売されていて、何を買えばいいのか迷ってしまいますよね。

今回は、ヒルクライムレースで上位10%以内のわたしが買おうか悩んだほどにおすすめなホイールをご紹介します。

3万円前後でおすすめのホイール

3万円前後でおすすめのホイールは下記になります。

  • シマノ:WH6800(アルテグラホイール)
  • フルクラム:レーシング5
  • マヴィック:アクシウム

わたしとしましては、シマノのアルテグラホイールがイチオシです。使用者も多く定番といったホイールになっています。

安くて剛性が高くてそれなりに軽い、わたしも次回ホイール購入の機会があればアルテグラホイールにする予定です。

5万円前後でおすすめのホイール

5万円前後でおすすめのホイールは下記になります。

  • フルクラム:レーシング3
  • マヴィック:キシリウムEQUIPE

マヴィックのキシリウムは剛性が高いと評判です。しかしそれゆえにフレームとの相性も気になるところです。

剛性の低いフレーム、たとえばエントリーグレードのカーボンフレームであれば相性は良さそうです。

10万円前後でおすすめのホイール

10万円前後でおすすめのホイールは下記になります。

  • シマノ:WH-9000-C24(デュラエースホイール)
  • フルクラム:レーシングZERO
  • マヴィック:キシリウムSLS

この価格帯のものがヒルクライムレースでは評判が高いです。

価格帯を10万前後としていますが、このグレードになると振れ幅が大きいです。

C24とレーシングZEROでは結構な価格差があります。

この中ではシマノのC24が定番といったところでしょうか。

C24は剛性が少々不足と感じる方が多いようですね。

剛性の高さではキシリウムSLSに軍配が上がります。

しかしこれもまたフレームの相性には注意です。

中でもバランスに優れているのがレーシングZEROです。わたしも使っています。

どうしても迷ってしまうのであれば、レーシングZEROを買っておけば間違いなしです。(むしろC24と比較すると1グレード上かもしれませんね)

おわりに

アルミのホイールといえども、グレードはたくさんで高価なホイールもあります。

高いとはいえ、ロードバイクの交換パーツの中では非常にコストパフォーマンスに優れたものです。

もし速くなりたい!と思うのであれば、思い切って投資してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA