SPD-SLペダルをフラットペダルにするペダルコンバータ

ペダルコンバータ装着

ロードバイクに乗ってちょっと家の近くのコンビニまで…。

そんな時にビンディングペダルってすごく不便なんですよね。
ビンディングペダルを一時的ににフラットペダルに変えられたらなぁ、と思うことが何度もありました。

わたしはスピードプレイのビンディングペダルを使っており、このタイプはプラットフォーマーというパーツを組み合わせることで簡単にフラットペダルにすることができます。

しかし、多くの方はシマノのビンディングペダルを使っていることでしょう。
普通の靴でも踏めないことはないのですが、とても踏みづらくちょっと危ないです。

実はわたしも昔はシマノのビンディングペダルを使っていました。
今回は、シマノのビンディングペダルをフラットペダルにするパーツをご紹介します。

ビンディングペダルをフラットにするにはBAZOOKAのペダルコンバータを使用する

BAZOOKAが出しているペダルコンバータというものを使うことで、ビンディングペダルをフラットペダルにすることができます。

ペダルコンバーターは1枚の金属製の肉抜きされた板になっています。
ペダルコンバーターをクリートに取り付け、クリートをSPD-SLペダルにはめ込むことでフラットペダルになります。
取り付けはとっても簡単です。

しかし、取り外しがむずかしいのです…。
取り外しはペダルコンバーターに6角の穴があり、そこに6角レンチを取り付け、ペダルコンバーターをひねることで取り外します。
SPD-SLペダルが新しいとバネが固く、手の力で外すのは一苦労です。

そして困ったことに、ペダルコンバーターの6角の穴が歪みます…。
何どもやっていると、外れなくなってしまうのでは?という不安も。

使用する場合はある程度使い込まれたSPD-SLペダルをおすすめします。
新品のSPD-SLペダルとは相性が良くないですね。
バネの力がある程度弱ってきたペダルだと、手だけでも外せるようです。

実際に使ってみた感想

踏み面は狭いです。
長時間の利用は足にしびれを感じるかもしれませんね。
しかし耐久性については金属製のため、それなりに高いと思います。
先にも書きましたが、あくまでも新品のペダルとは組み合わせないこと前提で。

気になる点としましては、別途クリートを用意する必要があるということです。
ペダルコンバーターだけで予算を考えると、予算オーバーしてしまうので注意が必要です。

一度試してみる価値はあると思える製品です。

ペダルコンバータ装着(裏)

おわりに

わたしはレース以外ではフラットペダルで走っています。
万が一、事故にあったらと考えると怖くて…。

ビンディングペダルを普段から使っていないと、性能を引き出せないとは思っています。
しかし、わたしにとっては健康、安全第一のスポーツですからね。
そのためなら高効率、好成績は捨てちゃいます。

車の通りの多いところはフラットペダルで走りたい、そんな方におすすめなアイテムです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA