ロードバイクの”沼”

趣味にどんどん際限なくお金をつぎ込んでしまうこと…。
いけないいけないと思ってはいても辞められない…。
そんな状況を”沼”と呼んだりします。

ロードバイクという趣味には沼があります。
ロードバイクに興味はないけど、知り合いが、旦那がハマってお金を使ってしまわないか心配な方は多いでしょう。

今回はロードバイクの沼にハマってしまったケースをご紹介します。

ロードバイク沼にハマってしまった友人Rさん

私の知り合いにロードバイクの沼にハマってしまった方がいます。
その方は、最初に10万円未満のロードバイクを購入しました。

10万未満のロードバイクって今ではあまり見かけないですよね。
びみょ〜にロードバイクも値上がりしてきています。

そんな10万円未満のロードバイクですが、この世界では”ロードバイクにあらず”という暗黙のルールがあります。
個人的にはそんなことはないのですが、ロードバイクの形をした自転車と捉える方が多いのです。

友人Rはその反動で、1年後に35万円のフルカーボンのロードバイクに買い替えました。

友人Rさん、性能を語る!

友人Rはこう言います。
“加速性能が違う”、”重量が違う”、”剛性が〜”、などなど。
一日中ロードバイク語り続けており、非常に満足していた様子が伺えますね。

よくわかりませんが、”このロードバイクを眺めながらの酒はうまい!”とまで。
ロードバイクはお酒を飲むための道具ではないと思いますが。

それをきっかけに、さらに高価なサイクルコンピュータ、ホイール、コンポーネントなど、次々とお金をつぎ込みはじめました。

いいロードバイクを買った!いい装備を揃えた!でも乗らない…

しかし、肝心な自転車に乗ることについてですが、ほとんど乗っていないのです!
とても高価で良いものを持っているのですが…乗っていないんです!
毎日通勤で10分程度しか乗っていないんです!

ロードバイクの沼は怖いのですが、沼にハマる人は乗ることよりも買うことを趣味にしている方ですね。
友人Rも、乗ることよりも買うことが趣味になってしまったようです。

おわりに

ロードバイクという趣味は、だいたいの人が多くお金をつぎこんでしまう趣味です。
家庭があるのに、たいして収入がよくないのに、車も持っていないのに…!自転車に100万円以上つぎ込んでいる人を何人か見てきました。
大会で好成績を残したいんだ!という高い目標があれば…100歩ゆずってありでしょうか?

ロードバイクはその気になれば際限なくお金を注ぎ込めてしまう趣味です。
自分の欲望をうまくコントロールして付き合っていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA