ロードバイクはどのくらいお金がかかる?

これからロードバイクを始めてみよう!
そんな方にとって、ロードバイクってどれだけお金がかかるのだろうかと不安がありますよね。

特に、今この記事を見ている方が主婦で、旦那さんがロードバイクを始めようとか言ってるとより一層不安になりそうです。
ロードバイクはそれなりにお金のかかる趣味ですので。

今回はロードバイクがどれだけお金のかかる趣味であるか、書かせていただきます。

ロードバイク本体にかかるお金

エントリークラスのロードバイクであれば、平均的な価格は15万円〜20万円ぐらいです。
ミドルグレードになると、〜35万円ぐらいになってきます。
ハイグレードなものになると50万円ぐらいに…。

それぞれのグレードの違いというのは重量、剛性、デザインになります。
これからロードバイクを始めるのであれば、まずはエントリークラスから入ることをおすすめします。

ロードバイクに乗るための装備

お金がかかるのはロードバイク本体だけではありません。
普通の自転車と違ってスピードが出ますので、ヘルメットは装着したいところですね。

ロードバイクは移動の手段というよりはスポーツの道具です。
スポーツとなると、”吸汗速乾”のウェア、サイクルウェアがあったほうが良いでしょう。

ハンドルもクッション性がほとんどないものであるため、グローブもほしいです。
シューズはビンディングペダル、ビンディングシューズというペダルとシューズを一体化させるペダルを使うのが一般的です。
つまり、専用のシューズも必要になります。

ヘルメットが1〜2万、サイクルウェア、グローブで3〜4万円、シューズは1〜3万円。
これらを合計すると、最低でも5万円はあったほうが良いことになります。

その他オプション、パーツ

さらに、ロードバイクに取り付けるパーツなんかも必要だったりします。
たとえばライト。
これは夜間を走ることもありますので必須であると言えるでしょう。
ライトは5,000円ぐらいのものがコストパフォーマンス的に良いでしょう。

他にはサイクルコンピュータといって、速度や足の回転数、心拍数を計測するコンピュータがあります。
GPSロギング機能もあったりして、走行データをSNSなどにアップロードする楽しみも増えますね。
こちらはピンキリで、安いものだと3,000円ぐらい、高いものだと5万円くらいのものがあります。

ちなみにわたしはGARMIN Edge510Jを使っています。
購入した時は約4万円もする代物でした。

おわりに

以上でロードバイクと推奨アイテムの紹介は終わりです。
これだけあればロードバイクを趣味として始めるのに十分なはずです。

つまり、最低でも合計で20万ちょっとは用意しておきたい、ということですね。

ロードバイクの予算を15万で組んでいたのにずるずるとお金がかかってしまう!とならないよう、心の準備をしておきましょう。

たしかにロードバイクは初期投資が高額な趣味です。
しかし、ランニングコストがこれほど低い趣味も他にないかもしれませんね。

ロードバイクはいくら走ってもタダですので。
消耗品はありますけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA