ロードバイクで危険予測!渋滞で怖いサンキュー事故

サンキュー事故という事故をご存知でしょうか?
バイクの事故で右直と言われる、交差点を直進時に右折車と衝突する事故は有名です。
もっとも死亡率が高いのが右直でしょう。
その派生にサンキュー事故というものがあります。
今回はサンキュー事故についてご紹介します。

サンキュー事故とは?

サンキュー事故とは、直進の道路にて、車が対向車に道を譲ることで右折車が突然現れ、直進している時に衝突する事故です。
言葉の通り、対向車に対して”道を譲ってくれてありがとう!”という状況で発生する事故です。

国道で渋滞している時、ロードバイクだと左側をすり抜けるのが容易ですよね。
渋滞しているがゆえに、こちらの車線の車が対向車に道を譲る機会も多いです。
サイクリストとしては直線の道路を直進しているだけなので油断しがちだったりします。

サンキュー事故の回避策

この事故の怖いところは、直線道路でも突然右折車が現れることです。
この事故を回避するには、左手にお店や住宅など、何かの入り口になっていないかということに注意する必要があります。
何かの出入り口になっている場所では、車がくるかもしれないと想定して減速しましょう。

そして、道路が広くても、左側からすり抜ける際は速度を出し過ぎないことが大切です。
渋滞している時は常に車と車の間に隙間がないか注意します。
隙間があるときはすでに対向車に道を譲る合図を出した後の可能性があります。

ロードバイクの危険予測はバイクの危険予測を参考に。

バイクの免許を取る時はこのような事故についての教習があります。
しかしロードバイクは免許が無くても乗ることができ、公道を走れてしまいます。

バイク事故や、車にとっての死角がどこなのか、調べてみると良いかもしれません。
ロードバイクはバイクの仲間です。
スピードはバイクほど出ませんが、ヘルメットや装備はかなり不安がつきまといます。

おわりに

渋滞している道路をロードバイクですり抜けている人が事故を起こしているのを何度か見かけたことがあります。
それだけこのサンキュー事故は起こりやすい事故なのだと思います。

渋滞している中をロードバイクですり抜けるのってなんだか気持ちいですよね。
しかし、車が止まっているから危険はない、ということではないことを覚えておいてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA