ロードバイク通勤で通勤手当を浮かすのはやるべきではない?

わたしの友人には自転車通勤で通勤手当を節約している方がいます。
友人の会社は会社規定により、自転車通勤でも通勤手当が支給されています。
詳しい内容は下記の記事を御覧ください。

自転車通勤で通勤手当を浮かすのは違法?
自転車通勤で毎月3万節約している友人の話

自転車通勤で通勤手当を浮かすことは、支給された生活保護費でパチンコをするようなものに近いというコメントをいただきました。

捉え方によってはそうのようにも思いますが、事情はだいぶ違うようです。
今回はさらに詳細について書かせてきただきます。

自転車通勤もタダではない、お金はかかる

自転車通勤をすると、あたかも通勤手当がまるまる浮くように聞こえてしまいます。
しかし、実際は自転車にお金はかかりますし、タイヤ、チューブといった消耗品もあります。

もし、自転車通勤では通勤手当がもらえないとなると、損することになってしまいますね。
健康のため、エコのため、いいことをしているはずなのにマイナスになる。
これでは自ら自転車通勤をしよう!という気はなかなか起きないものです。

通勤手当が出ないと不正に申請する人が出てくる?

自転車通勤でもお金はかかりますが、通勤手当は出ない。
そうなると出てくるのが不正申請者です。
本当は自転車通勤なのに、電車通勤をすると偽って申請し、不正に通勤手当をもらうという人です。

ありがちな話ですよね。
そういう人ってすごく多いと思います。
通勤手当は非課税ですから、自転車通勤にするだけで実質、給料が2〜3万円アップしてしまいますので。

自転車通勤にも通勤手当を支給するのは不正対策?

そういった不正申請をなくすための対策が、自転車通勤にも通気手当を支給する、といったことだとわたしは考えています。
企業としては問題が起きてから処罰を与えるより、問題が起きないよう対策したほうがコストは低いです。
電車通勤と偽り、通勤中に自転車事故が起きたりしたらものすごく面倒ですよね。

自転車通勤にも通勤手当を支給すうr企業は、電車通勤にも自転車通勤にも、平等に通勤手当を支給することで不正申請ができてしまう仕組みを排除しているのだと思います。

不正申請をなくすためには、自転車通勤の人にも通勤手当を支給するか、自転車通勤そのものを禁止するか、このどちらかなのではないでしょうか。

おわりに

通勤手当を浮かす、節約する。
この手の話になると不正だと思われる方も非常に多いです。
結論としましては、会社規定で問題ないのであれば問題なし、ということです。
問題なくても問題だと思われることが多いようですが。

すべて会社の規定によります。
ホワイトな企業に見られる傾向のようですね。

わたしはずるい!と思うよりもうらやましい!という気持ちのほうが大きいです。
…来世は大企業に入れるよう努力します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA