自転車通勤は10km以上15km未満がおすすめ

みなさんは自転車通勤していますか?

わたしは会社員ですが自転車通勤、ロードバイク通勤をしています。

学生であれば自転車通学は高校までくればほとんどが許可されていることでしょう。

会社だと場合によっては自転車通勤禁止のところもありますよね。

わたしはかれこれ会社までの自転車通勤をかれこれ5年ほど続けています。

今回はわたしが考える、自転車通勤に最適な距離について書かせていただきます。

ロードバイク通勤は片道10km〜15kmがおすすめ

ずばりこの距離が最適です。

これ未満だと少し運動としては不足で、これ以上だと疲れてしまい仕事に影響が出てしまいそうです。

片道10kmをロードバイクで走ると、250kcal〜300kcalの消費になります。

これはガーミンEdge510で計測した結果ですので、それなりに信頼できる値でしょう。

片道10kmの自転車通勤をすれば、1日500kcal〜600kcalの消費が約束されることになります。

片道15kmになると、400kcal〜450kcalになります。
1日800kcal〜900kcalの消費が約束されますね。

ダイエット効果が高い

消費カロリーから見て、ロードバイク通勤ではかなりのダイエット効果が得られます。

1日で、500kcal〜900kcalが確実に消費できるとしたらどうでしょうか?

あっという間にダイエットできてしまいますよね。

実際に、わたしは自転車通勤を続けていますが、体重がかれこれ20kg近く落ちています。

そして体重が増えることがありません。

というよりも、自転車通勤は痩せすぎ注意なところがあるかもしれませんね。

今のところは体脂肪率が低いため瘦せ型に入りますが不健康な痩せ方ではないと思っています。

おわりに

このようなダイエット効果を期待して自転車通勤をするのは非常に良いことだと思います。

そのために、あえて住む土地を変える価値も十分にあると思います。

ダイエットは結果よりも過程を楽しんだ方が続くのではないでしょうか?

自転車通勤によるダイエットはおすすめです。

ロードバイク,自転車通勤,ダイエット,効果

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA