ロードバイク初心者向け!はじめてのビンディングペダルの選び方

ロードバイクとママチャリ、違いはいったいなんでしょうか?

大きく違うのはロードバイクのペダル、ビンディングペダルというものです。

このビンディングペダルというのはシューズとペダルを合体させるアイテムです。

ロードバイクを購入して、乗り慣れたあたりで購入する人も多いでしょう。

とはいえ、ビンディングペダルもたくさんのメーカーから発売されています。

初心者の方がビンディングペダルデビューするにあたり、何を選べばいいか紹介します。

ビンディングペダルを発売しているメーカー

ビンディングペダルを発売している主なメーカーは下記のものがあります。

  • シマノ
  • LOOK
  • TIME
  • スピードプレイ

それでは、それぞれ紹介していきます。

シマノ:初心者はこれを買えばまず間違いなし

シマノのビンディングペダルはもっとも選ばれているビンディングペダルです。

平均的に見てバランスがよく、なによりもどこのショップでも取り扱っています。

ビンディングペダルはクリートというものが必要になりますが、このクリートは消耗品です。

いつでも交換ができるよう、どこのショップでも扱っているシマノを選べばまず間違いなしです。

LOOK:ビンディングペダルのパイオニア

ビンディングペダルのパイオニアはLOOKです。

これは自転車だけではなく、スキーのビンディングもLOOKだったりします。

それだけに質実剛健といったイメージがあり、信頼感がありますね。

ただし、シマノと比較してどこのショップでも扱っているというわけではありません。

わりと扱われているほうではありますが、シマノほどではありません。

そしてクリートの消耗がちょっと早いです…。

TIME:膝に優しいビンディングペダル

TIMEのビンディングペダルは膝に優しいと評判です。

その理由は、基本的にビンディングペダルはシューズとペダルをがっちり固定します。

その固定力の強さから、関節の自由を阻害して膝を痛めるケースがあります。

実はわたしがそうでした。

TIMEのビンディングペダルには膝を痛めないよう遊びがあります。

そしてTIMEはLOOKから派生したという、これまた質実剛健といったイメージです。

スピードプレイ:バネの力で戻されない、もっとも膝に優しいビンディングペダル

わたしがもっとも愛用しているビンディングペダルです。

スピードプレイのビンディングペダルは従来のものとは異なり、バネで固定しません。

そのため膝がかなり自由になり、膝痛が解消されました。

そのぶん固定力が弱いんでしょ?と思われるかもしれませんが、そんなことはありません。

少々金額がお高いのですが、その価値があるビンディングペダルです。

今後のビンディングペダルのスタンダードをにおわすものです。

おわりに

いかがだったでしょうか?

ビンディングペダルは何にしようかお悩みだった方にとって、少しでもお役に立てたらうれしいです。

ビンディングペダルはペダリングの効率向上を期待できるものです。

しかし、最初のうちは慣れないため立ちごけといったリスクがつきまといます。

大切なフレームに傷をつけないように、事故に遭わないように注意してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA