お金と時間をかけずに効率良く速くなるたった1つの方法

ロードバイクをやっている方は30代が一番多いようです。

30代といえば…

学生時代が終わってから10年近く経ち、お腹周りが少し気になってきた人、

会社での立場も責任のあるポジションにつくと同時に、金銭的にもすこし余裕が生まれてきた人、

そんな人がいそうですね。

その反面、家庭を築き自由に使えるお金と時間が少なくなった!という人も多いことでしょう。

それでも速く走ることを諦めたくない…!

そんなふうに考えたことはありませんか?

わたしはいつもそう考えています!

今回はお金と時間をかけずに、効率よく速くなる方法を考えたいと思います。

食生活の改善が速くなるための近道

お金と時間をかけてできること、それは高級な機材を揃えることと、負荷の高いトレーニングができるということです。

レースで上位10%付近になると、そのどちらも持っている人が多いです。

しかし、家庭を持っていたりするとそうはいきませんよね。

わたしも家庭を持っている30代のサイクリストです。

もちろんお金も時間も多く使うことはできません。

ロードバイクは15万円のアルミですし、週末2時間程度しかトレーニングできません。

そんなわたしが心がけていることは、良質な食事です。

食生活の改善に資格はいらない

食事というのは初心者から上級者まで、平等にできることです。

上級者と同じことをしても同じ効果が得られます。

機材、トレーニング方法にこだわるのも良いですが、食生活の改善が一番お手軽なんです。

消化をよくするために、ひとくちを小さく、よく噛み、腹八分目の量をゆっくり時間をかけて食べてください。

良質な食事をして、良質な身体を作りましょう。

身体作りは食事からです。

100のトレーニングをしても、土台である身体が貧弱であれば、その効果も50までに半減してしまいます。

良質な食事とは、低脂質で高タンパクな食事になります。

わたしは特に、大豆食品からタンパク質を摂るようにしています。

ささみなんかもいいですよね。

低脂質な食事はイメージがつきにくいかもしれませんが、たとえば膵炎患者のレシピなどを検索するとわかるかと思います。

筋肉が付き、脂肪も落とせて、健康になれる!

わたしはトレーニングより普段の食生活のほうに気を使っています。

おそらくそのおかげで、下位グレードの機材と少ない練習時間で上位10%以内に入っているのだと考えています。

おわりに

レースなんかで上位10%以内にはいる、ほとんどの人は高級な機材と膨大なトレーニングをしています。

これはどうがんばっても初級者や中級者では埋められない差です。

…というかわたしが埋められないと思っている差です。

自転車歴でも差が開いていそうですね。

しかし、食事に関しては初心者〜中級者でも、上級者と同じことができるんです。

上級者の真似をするのであれば、まず食事からはじめてみてはいかがでしょうか?

食事は身体作りの基本中の基本です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA