コンポのグレードによるブレーキの違い

コンポのグレードによるブレーキの違い

コンポーネントの違いでよくブレーキの性能が話題になっています。
たとえば、Tiagraのブレーキは効かない!すぐに105に変えるべき!など。
というか、おもにこの1点かもしれませんね。

実際にわたしはTagra、105、両方つかったことがあります。
今回はわたしなりに感じたブレーキの性能について比較、検討してみます。

あえて効きの悪いブレーキは作らない

ブレーキもコンポーネントのグレードによって違いはあります。
重量もそうですが、たしかにブレーキの効きに違いもあります。
しかしメーカーとして、そもそも効きの悪いブレーキを売りに出すでしょうか?

Tiagraのブレーキと105のブレーキを比較すると、105のほうが効きが良いことは間違いありません。
というより、これはブレーキの性能よりはブラケット、ブレーキの握りやすさに違いがあると言ったほうが適切かもしれません。

Tiagraはハンドルに対してブレーキレバーが垂直についています。
一方、105では握りやすいようにブレーキレバーが外側に向いています。
ブレーキレバーが握りやすいからブレーキが効く、わたしはそう感じました。

ブレーキの効きはコンポの性能よりもブレーキレバーの握り方

最近のTiagraもブレーキレバーが外側に向いていて、握りやすさは改善したように思います。
今はもうTiagraと105でブレーキの差はほとんどないのかもしれませんね。

それでもTiagraのブレーキは効きが悪いんだ!105に変えるべきだ!と思うのであれば、はじめから105で組んだロードバイクを購入すべきでしょう。

そもそも、本当にブレーキの効きが重要な場面であれば、ブラケットからブレーキレバーを握るポジションではなく、ハンドルのドロップ部分を握るポジションに変えるべきです。
このポジションがもっともブレーキレバーを握りやすいです。
むしろ効きすぎ注意ですね。

おわりに

結論としましては、コンポーネントがTiagraだからブレーキが効かない、ということはありません。
十分な性能がありますので安心してください。

ブレーキレバーの握りやすさも改善しているようですので、さらに安心できます。

ブレーキだけ交換というのはコストパフォーマンスがあまりよくないのでおすすめはできませんね。
コンポーネントを交換するのであれば、どうせなら軽量化につながるものをやりたいところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA