2015/11月 ヤビツ峠はそろそろ防寒対策が必要

ロードバイクに乗っている人なら多くの人が知っているヤビツ峠。
このヤビツ峠のタイムでその人の実力がわかると言われている。
そんなヤビツ峠に私は毎週通っています。
真冬でも登っていますね。

そんな私だからこそわかるヤビツ峠の気温。
2015年11月頭のヤビツ峠の気温はふもとで11℃、頂上で7℃となっていました。
ちなみに頂上は733mです。

調査結果

11月のヤビツ峠はそろそろ防寒対策が必要-01

計測した時刻はだいたい8時ごろ。
上は登りは半袖ジャージで問題無し、下りは半袖ジャージの上に長袖ジャージx1、ウィンドブレーカx1がちょうど良いです。
下はレーパンでは寒いのでタイツが必要です。
グローブは薄手でも良いのでフルフィンガーがおすすめ。
シューズカバーはまだ不要です。
ウィンドブレーカ一枚では寒いので注意。

ヒルクライム大会のシーズンも終わり、練習している方がぐっと減りました。
しかし、まだまだ登山客もいるため、寂しさは感じないです。
これが真冬になると寂しいというか怖くなります…。
紅葉の季節なので、登っていて景色も楽しめます。

注意したいのは天候です。
ここ最近の天候は曇りや雨が多いです。
当然そういった日はさらに寒く、特に雨があがったあとは路面が冷えています。
翌日の天候が良かったとはいえ、防寒対策が必要です。
ヤビツ峠は日が当たりにくい峠ですので、晴れていても暖まりにくくなっています。

ヤビツ峠を登ってみよう!という方へ、参考にしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA